リバースモーゲージとの違い

リバースモーゲージはリースバックと同じく自宅での生活を続けつつ現金を受取る仕組みで、老後に資金を確保する方法としてよく知られるようになっていますが、リバースモーゲージがリースバックと違うのは自宅を担保に入れてお金の借入を行い、契約期間が終了した後などに自宅を売り一括返済に繋げる事です。

リースバックは自宅を売って現金を手にしつつも、その後も変わらず住み続けるという方法である様子から、リバースモーゲージとリースバックは得るお金が売却代金または金融機関からの借入という違いがあります。

こうした2つの選択肢うちリバースモーゲージを選ぶと良いのは所有権の変更は行いたくない方であり、理由はリースバックでは自宅を売るという仕組み上所有名義が変更されるのですが、リバースモーゲージは実際に売却に至るまで所有権に変更は生じないためです。

また、金融機関の多くでリフォーム費用で仕組みを用いる事が認められているので、リフォームを講じて生活し続けたい方にも適しており、実際に住宅内の各所に手すりを新設するといったバリアフリー化を施して、年齢が高くなっても生活しやすい住環境を実現させる方は多いです。

リバースモーゲージでは資金を得る方法として3つの方法が展開されているのですが、3つのうち年金型というタイプは名称からもわかるように月々一定額が口座振込されるので、支給される年金にプラスして金銭を得たいという方に支持されています。

リースバックを選ぶと良い方は迅速に金銭を手にしたい方であり、その理由はリースバックは売買が成立した当日中に現金で支払が行われたり、指定した銀行口座に対し振込が行われるためです。

さらに、相続に関して問題を発生させたくない方にも適しており、土地や住宅といった不動産は分割が難しい事例が稀有ではないので分け方が悩みの種になりやすいですが、リースバックであれば所有権が第三者に移るので財産をお金に変えられるため相続が円滑になります。

リースバック業者一覧