リースバックコラム

NEW!

管理会社を選ぶ その②


リースバック業者一覧 管理人です。 一方で、一棟ものの物件を管理会社が一括して借り上げて、オーナーが空室リスクを負わないサブリースという方法もある。
NEW!

管理会社を選ぶ その①


リースバック業者一覧 管理人です。 購入した物件のかんりは、オーナーと管理会社が管理委託契約を結び、管理会社が建物や賃貸契約の業務を代行する「管理委託」が一般的である。
NEW!

売買交渉と融資審査 その⑦


リースバック業者一覧 管理人です。 また初めての不動産投資の場合、利用するローンは一般的にはアパートローンとなる。融資条件を満たせば借りやすく、審査が早いのが特徴だ。

売買交渉と融資審査 その⑥


リースバック業者一覧 管理人です。 このように金融機関によってそれぞれ一長一短なので「メガバンクでないと損を」すると言うような思い込みは捨て、幅広い視点で金融機関を選びたい。

売買交渉と融資審査 その⑤


リースバック業者一覧 管理人です。 借入限度額が大きく、年収の30倍もの借入ができる場合もあるが、金利が高いため、ノンバンクで補う金額は極力少なめにするのが理想である。

売買交渉と融資審査 その④


リースバック業者一覧 管理人です。 一方で、地銀や信金・信組でもカバーしきれない分の資金を補うのがノンバンク。 ノンバンクのよさは地銀以上に属性制限が小さく、物件の評価もあまり重視しない点にある。

売買交渉と融資審査 その③


リースバック業者一覧 管理人です。 ただ、地銀も信金・信組も融資エリアが限定的である点はデメリットだ。 購入するエリアに対応していなければ対象外となってしまう。

売買交渉と融資審査 その②


リースバック業者一覧 管理人です。 一方で地銀や信金・信組はメガバンクに比べると金利は若干高いが、借入限度額が大きく、属性の制限は小さい。

売買交渉と融資審査 その①


リースバック業者一覧 管理人です。 融資を受ける金利や借入限度額の目安は金融機関によって異なってくる。 一般的に都銀(メガバンク)が最も融資は厳しく借入限度額も低いが、金利は好条件という特徴がある。

物件評価は積算評価で その⑤


リースバック業者一覧 管理人です。 物件は満点を目指すのではなく、チェックする条件は先ず優先順位を設定して、ある程度の条件を満たせば購入を検討しよう。