リースバックコラム

NEW!

物件評価は積算評価で その⑤


リースバック業者一覧 管理人です。 物件選びでは地元や故郷にこだわりすぎるのは避けたい。 また、物件に対する理想や条件を過度に高くするのもお勧め出来ない。
NEW!

物件評価は積算評価で その②


リースバック業者一覧 管理人です。 物件の敷地内や室内の確認は不動産業者に内見申込をしなければならないが、周辺施設や最寄り駅の雰囲気や物件からの距離、エリアの治安などを確かめる目的であれば、不動産業者を介さなくても実施できる。
NEW!

物件評価は積算評価で その①


リースバック業者一覧 管理人です。 たとえば1棟もののアパートやマンションの場合、現地調査でチェックしたい主なポイントは周辺環境や物件の状態、入居者の印象や周辺聞き取りの4つだ

不動産選びのポイントを押さえる その⑬


リースバック業者一覧 管理人です。 なお、キャッシュフローを確認する際には、借入返済や管理会社に支払う管理料、共用部分の清掃代のどの諸経費や火災保険料、固定資産税などの税金を家賃収入から差し引いて判断しよう。

不動産選びのポイントを押さえる その⑫


リースバック業者一覧 管理人です。 キャッシュフローとは家賃を得て税金などを支払い、手元に残る現金の流れのこと。 手元の現金に余裕があり、着実に現金が増えているのが理想だ。

不動産選びのポイントを押さえる その⑪


リースバック業者一覧 管理人です。 まずは目安として表面利回り5%以上の物件を中心に探してみよう。 また収益性をチェックするにあたってはキャッシュフローも確認しよう。

不動産選びのポイントを押さえる その⑩


リースバック業者一覧 管理人です。 物件選びで必ずチェックしておきたいのが、利回りだ。 単純な収益性を示す、表面利回りと税金や使用を差し引いた実質利回りの2種類があるが、簡単な物件比較は表面利回りだけでいい。

不動産選びのポイントを押さえる その⑨


リースバック業者一覧 管理人です。 立地は基本的には都心部に近いほど人気が集まりやすいが、郊外でも再開発などがいい材料として人気を支えることもある。 また駅からの距離は都市部の物件では注意しておきたい。 10分を目安として...

不動産選びのポイントを押さえる その⑧


リースバック業者一覧 管理人です。 また、物件を探す上で最低限知っておきたいのが、人気に直結する「立地」「築年数」「駅からの距離」の要素だ。

不動産選びのポイントを押さえる その⑦


リースバック業者一覧 管理人です。 代表的なポータルサイトは「楽待」だが、ここではメール配信やセミナーの開催情報など、物件検索以外にも不動産投資に役立つ色々な知識を得られるのも特徴だ。